就労支援センター(ぱーとなー)

雇用・福祉・教育等の関係機関と連携し、障害をお持ちの方の就労を支援します

利用者1人ひとりに合った就労支援のあり方を検討して支援するセンターです。
1人でも多くの精神障害者の方が就労できるよう、事業主に対して啓発活動や情報提供を行い、雇用の促進、職場復帰、雇用継続の支援をしています。

当事者支援

対象者

  • 横浜市内在住または在勤の就労を希望する精神障害者
  • 精神科に通院中の方で、主治医より就労可との判断を得ている方

支援の流れ

相談申し込み
まずはお電話でお申込ください045-475-0142
登録前面接
ご利用者のニーズの確認と支援内容の説明を行います
登録・相談開始
継続的な支援を希望される場合は、当センター利用契約にご同意の上、登録手続きをしていただきます
支援計画の決定
面接を重ね、主治医や関係支援機関の方のご意見を頂きながら、就労に向けた支援計画を立てます
就労に向けた支援の実施
体験実習や雇用前実習の実施、ジョブコーチ派遣、求職活動の支援
就労
就労していただきます
登録・相談開始
面接相談、職場訪問、事業主との調整

企業支援

  • 新たに精神障害者を雇用しようと検討されている事業主への支援
  • 精神障害者雇用にあたっての業務検討と環境設定のご相談
  • 各種助成金制度のご案内
  • 障害理解推進のための講座実施、講師派遣

上記以外にも、様々なご相談に応じておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

相談時間

時間
9:00~12:00-
12:00~17:00
17:00~20:00----

※面接は完全予約制です。予め電話でご連絡ください
※土日・祝祭日はお休みになります

  • 就労支援センター(ぱーとなー)お問い合わせ:045-475-0142

その他の支援

体験実習

2週間から1カ月程度、働く体験をしていただくプログラムです。
ご自身の適性や働く上での課題、その対処の仕方を知り、ご自分に合った働き方を一緒に考える機会とします。

  • 施設内実習…福祉施設で行います
  • 企業内実習…協力事業所で行います

雇用前実習

  • 徐々に職場に適応することを目的に行い、当該事業所での就労を目指します。
  • ご利用者・事業主双方の意向が合えば、実習終了後、雇用契約を締結します。

ジョブコーチ

就労に関する支援を行うスタッフをジョブコーチと呼びます。
当センターでは、利用者の方々がより早く職場の仕事や環境に慣れることができるよう、ジョブコーチが作業への同伴や事業主との調整を行っています。

求職活動支援

当センターでは職業の紹介・斡旋は行っておりません。
ハローワーク求人や一般求人広告をもとに、ご利用者の適正に基づいたお仕事を一緒に探します。
ご不明な点は電話にてお問い合わせください。