宿泊型自立訓練

宿泊型自立訓練とは?

・親から離れて自立して生活したい・病院を退院して一人暮らしがしたい・身の回りのことを自分でできるようになりたい

このような希望をお持ちの方が入所して一人暮らしを経験しながら、自立した生活を練習する場です。
一定期間、施設内に居住した上で、日常生活を営むために必要な体験・練習、生活等に関する相談及び助言、その他必要な支援を行います。
それぞれの目的に応じたプログラムの参加や、担当スタッフとの面接等の個別支援を通して、その方が希望される生活を目指します。

利用できる方

  • 原則横浜市民の方
  • 精神科医療機関に通院中の方(または、任意入院中の方で退院予定の方)
  • 薬の自己管理ができる方(練習中の方もご相談ください)
  • 利用について主治医の承諾が得られる方
  • 「障害福祉サービス受給者証」をお持ちで、「宿泊型自立訓練」の支給が決定した方。

利用期間

原則として6ヵ月まで(最長1年間)

※待機期間については申し込みの状況や、各入所者の進捗状況などにもより流動的です。詳しくはハイツかもめ職員にお聞き下さい。

自立訓練プログラム

  • 週3回(火)(木)(金)に自立訓練プログラムを実施しています。
  • 参加のペースについては、担当スタッフと相談して決めます。
  • プログラムは曜日によって以下のコースに分かれています。
    火:基礎づくりコース(食事の準備、家事、金銭管理、体調管理、身辺整容など)
    木:体調管理コース(軽運動、食生活、再発予防等、対人関係など)
    金:地域生活準備コース(防犯対策、制度の活用、自立への移行準備、居所設定など)

費用

利用の流れ

申し込み
紹介者(相談支援)専門員その他関係機関の担当者等より、申し込み書類を提出してください。
宿泊型自立訓練・自立訓練(生活訓練)の利用申込書
利用申込書
利用申込書(エクセル)
診療情報提供書
支援会議
様々な関係機関の方と一緒にご本人の意向に基づいた個別支援計画(ケアプラン)を作成します。
待機中利用
短い日数の利用を何度か繰り返し、施設に慣れていただくとともに、今後の目標や課題を確認します。
正式利用
3か月毎に支援会議を行い、個別支援計画を修正します
退所
退所後の個別支援計画を作成し、地域生活支援につなげます。