認知症外来(もの忘れ外来)から生活訓練・就労支援まで、心の病をかかえる方々を「医療・生活・就労」の3つの面から総合的に支援。

復職サポートプログラム

復職サポートプログラムのご案内

 うつ病、うつ状態で休職中の方に対して、復職する上で欠かすことのできない「生活マネジメント能力
の獲得」「病気の理解と再発予防」「人間関係のスキルとその活用方法の獲得」を目的に、さまざまなプ
ログラムを提供します。
 1クール4か月間の復職支援です。プログラムは週3.5日(週3日9時〜16時、週1日9時〜12時)からス
タートします。
 プログラムを通じて、復職に向けた準備性を高めること、また、復職した際に再び休職しないための対
処や工夫を獲得していきます。
  ・復職サポートプログラム紹介ページはこちらをご覧ください。(外部リンク)

復職サポートプログラムの特色について

  • 毎年2月・4月・6月・8月・10月・12月にクールがスタートします。
  • 現在の医療機関に通院しながら、復職準備に取り組むことができます。
  • 4か月間、同じメンバー(8名程度)で復職に向け様々な課題に取り組みます。
  • グループプログラムに加えて、個別作業に取り組むこともできます。

プログラムの目的と時間帯について

【プレ期間】

グループの開始に向けて通所を開始します。

期間中は所定の回数(8割以上の出席)が必要です。

【1か月目】

週3.5日のトレーニング、9時00分から16時00分まで(個別作業とグループ活動)

復職に向けて、生活リズムの基盤づくりを目的とした大切な時期になります。
  1. (1)現在の生活リズムを把握しながら、生活全体のマネジメントに取り組んで行きます。
  2. (2)また、病気について理解を深め、自分のストレス注意サインを見つけ、ストレス対処方法を獲得していきます。
  3. (3)知的作業や個別課題を通じて、集中力、持続力を養う取り組みを開始します。

【2か月目】

週4日のトレーニング、9時00分から16時00分まで(個別作業とグループ活動)

1か月目に獲得したものを習慣化していけるように取り組む時期になります。また、復職時のストレス軽減につながるプログラムを始めます。
  1. (1)バランスの良い物事の捉え方、考え方が身につくようトレーニングを重ねていきます。
  2. (2)復職に向けて、作業を通して集中力、持続力などに加え、協調性や共同作業力を養う取り組みを増やしていきます。

【3か月目】

週5日のトレーニング、9時00分から16時00分まで(個別作業とグループ活動)

生活全体のマネジメントを継続しつつ、復職を意識した生活リズムを創っていきます。
  1. (1)人間関係のスキルを獲得し、その活用方法について取り組みます。
  2. (2)休職に至った要因を振り返り、その対処法をグループで考えます。

【4か月目】

週5日のトレーニング、9時00分から16時00分まで(個別作業とグループ活動)

復職に向けた総仕上げの時期です。これまでのプログラムで得てきたことを実生活で活かしながら、復職時により近い形で、生活全体をマネジメントしていきます。
  1. (1)これまでの取り組みを振り返り、まとめていきます。
  2. (2)復職面談に向けて、学んだことを伝えていけるようグループで考えます。
  • プログラム内容や活動時間は状況に応じて変更する場合があります。

ご利用の対象となる方について

  • うつ病・うつ状態等で休職中であり、離職をしていない方。(診断病名が、統合失調症圏や自閉症スペクトラム障害等の場合は受け入れ不可)
  • 復職に向け、リハビリテーションに取り組む強い意思を持っている方。
  • 主治医からデイケア利用について指示がある方。(主治医とデイケアスタッフが直接連絡可能な方)
  • 利用開始時から週3.5日(週3日9時〜16時、週1日9時〜12時)の通所が可能な方(プレリワークは週3日(9時〜12日)から)
  • 利用規約に同意していただける方。

費用について

  • 各種健康保険、自立支援医療が出来ます。
  • 自立支援医療を利用した場合、かかる費用は1日820円になります。
    (料金を変えず給食をご依頼いただくことができます。)

ご利用までの流れ

申し込み まずはお電話でお申込ください。(月曜〜金曜 475−0136)
見学 見学後、通所を希望される場合は、主治医の先生に「診療情報提供書」「医師指示箋」をご記入いただきます。
当センター医師の診察
スタッフとの面接
心理テスト

当センターの医師の診察を受診します。
費用は、健康保険をお使いいだたいて自己負担額2,010円になります。

受入検討会議 受入検討会議の結果、復職サポートプログラムの通所ができない場合や、次のクールをご案内する場合があります。
結果のご連絡 電話にて、結果をご連絡いたします。
プレ・リワークの開始 グループ開始までの期間中、所定の回数(8割以上の出席)当デイケアに通所していただくことで、復職サポートプログラムの利用が可能となります。
利用開始  
※復職サポートプログラムの期間中のみ当センター精神科医に主治医を変更することが可能です。ご希望の方は、申し込みの際にスタッフにご相談ください。

このホームページは「公益財団法人横浜市総合保健医療財団」が管理運営しています。

〒222-0035
横浜市港北区鳥山町1735番地
TEL:045-475-0001
FAX:045-475-0002
(公財)横浜市総合保健医療財団

PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。インストールされていない方は下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Adobe Reader